マウンテン バーサ マイクロ ジャケット購入した

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマリスト

こんにちわ、タカシです。

寒さが一段と厳しくなりワイシャツにアウターだけではこの冬乗り切れるのか?ということでインナージャケットを一枚購入しようと決めました。

今回ノースフェイス マウンテン バーサ マイクロ ジャケットを選び購入したのですが、なぜ選んだのか、使ってみてどうなのか、を話してきたいと思います。


目次

インナージャケットを選んだ基準

今回インナージャケットを購入するにあたり、選考基準はこれ

アウターを羽織ってもスッキリしている

    着膨れするのが嫌

春・秋などにアウターとして使える

    軽くてサラッと羽織れるものがいい

インナーダウンが嫌い

    襟がなく薄いダウンの質感が好きになれない

半袖の上に来ても着心地がいい

    Tシャツの上に来ても冷たかったりゴワゴワするのは嫌

この点に重きを置いて選択しました。

スペック

軽量で優れた保温性を持つマイクロフリースを採用したジャケット。リサイクルフリース素材を使用した、環境問題に配慮した商品です。パックのショルダーハーネスが当たる肩部分は、耐摩耗性に優れたナイロン生地を使用。静電気の発生を抑える静電ケア設計。森林限界を超える登山シーンから肌寒い季節のキャンプまで、シーンを問わず幅広く活用できる中間保温着です。

THE NORTH FACE 公式

Fabric

Versa Micro 100 ECO(ポリエステル100%)

<肩部分>NORTHTECH Cloth ECO(ナイロン100%)

Function

リサイクルフリース素材を使用/肩部分布帛補強

原産国タイ/ミャンマー ※ご購入の際に特定の原産国をご指定いただくことはできません。予めご了承ください。

Size S、M、L、XL、XXL

Weight 250g(Lサイズ) 

Color ファンファーレグリーン、ファイアリーレッド、ブラック、ニュートープ、サミットゴールド、アーバンネイビー、フレアオレンジ

洗濯表示      

ここまで、THE NORTH FACEより引用

注目部分はVersa Micro 100 ECO(ポリエステル100%)

以前はポーラテックを使用していたようですが現在は違う様子

触った感じ毛並みの短いフリース素材、ということでごわつきもなくサラッと着れそうな感じ。

重量も250gと中々軽量ですね

静電ケア設定も嬉しい機能

フリース着用時の悩みの一つが静電気。

これが抑えられているのは嬉しいポイント

バックパック、常用の私は方の部分にナイロンで補強されているのが非常に高いポイントになります。

どうしても擦れやすく毛玉になりやすいためここが保護されている点はアウターとしても使いたい私にとって有り難いです。

使い心地

非常に軽く、外出先でも家でも羽織ることができ使い勝手はいいですね

素肌の上に来てもサラッとしており嫌なごわつきやチクチクとした刺激も私は感じません。

ドローコードなどもなくそのまま横になってもプラスチックが腰やお腹に当たる、と言ったこともないので楽です。袖と裾のところにゴムが入っており、ゆるく絞られている感じです

ジップを上まで上げた時にファスナーが顎に当たらないようにきちんとフラップも付いているのであげた時の皮膚を挟んだりする心配もありません

フリース素材であるため、風は通しますが、気温10度のやや風があるかな?程度の街中でもヒートテック、ワイシャツ、このフリースだけで寒くはありませんでした。

風の強い日などはマウンテンパーカーやMA-1のような防風性能の高い上着が必要かとお思います

フリース素材は抜け毛が多い?

レビューを見ると『Tシャツに裏側の毛が抜けてたくさん付いてくる』といった口コミが多くみられます。

試しに2日間、日中12時間着用し、どの程度抜け毛がつくか試してみました。

まずはファインクロスドビーシャツ(綿100%)の上に着用した後の様子

確かにかなりの毛が付着しています。

フリースを脱いでこれだとちょっとみっともないですね。

続いてはBEEFY-Tの白のTシャツ(綿100%)を日中にきていた後の様子

着用したまま撮影しています

毛が全然目立たないですね

購入初日がファインクロスドビーシャツ、2日目がBEEFY-Tになるため抜けやすい毛があらかた落ちているのかもしれませんね

レビューで言われるほど、脱毛があるわけではないのかもしれません。

また、ファインクロスドビーシャツを着て同じように付着するかみていきたいと思います。

サイズ感

アウトドアブランドとしてはタイトな作りになっています

普段Sサイズを着用することが多い私ですが今回はLサイズを購入しました

身長166cm 体重64kgの肩幅広めな体型ですが久しぶりのLサイズ

Mサイズの試着もしましたが肩周りがキツくアウターとしても使いたい私は少し余裕が欲しかったわけですね。

実際に試着をしてみることをお勧めします。

他に悩んだ商品

今回、フリースを購入しようと思った後に悩んだ商品がいくつかありました

その商品の選ばなかった理由も紹介していきたいと思います

パタゴニア クラシックレトロX
[Patagonia (パタゴニア)] 20FW Kid’s Classic Retro-X Jacket クラシック レトロX ジャケット フリース パイル カーディガン 65625 (NCBR/XXL)

デザインが気に入ったがちょっとモコモコしておりインナーとしては使いづらそう

この上にはおるアウターのサイズが大きくなりそう

防風性能はアウターで調整したい

お値段

ユニクロ 防風ボアフリースジャケット
UNIQLO

こちらもモコモコ。理由はレトロXとほぼ同じ。

肩周りの可動性が低い気がした。

アウターとしても使いたいため、、シャツ、スキニー、下着と全てユニクロになってしまう恐れがある(ほんとに気に入っていればいいのですが購入する気になれなかった)

まとめ

マウンテンバーサマイクロジャケットを購入してみてお勧めポイントなどを紹介させていただきました。

基本的にTシャツやワイシャツを毎日のように着用しアウターを羽織るだけで過ごしてきた人が肌寒さを感じた時に中に一枚着込みたい、でもインナーダウンはちょっとな

そんな時に使いたい一品です

まさにミニマリストのためのミドルレイヤーではないでしょうか?

マウンテンバーサマイクロジャケットを購入しようか悩んでいた方の参考になれば嬉しいです


+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました