派遣看護師の有給休暇事情

スポンサーリンク
スポンサーリンク

派遣だと有給休暇ってないんでしょ??同僚からそんなことを言われてびっくりしたことがあります。

そんなことはなく条件を満たせば正社員と同様に有給休暇は付与されるのです。

しかし、派遣されて居る状態で我先にと有給を使用するのは心苦しい時があるのも事実。

そんな時に私がどのようにして有休消化を行っていたかを紹介していきます。

そもそも、有給休暇って何?

派遣社員の有給休暇って正社員の有休とは条件違うんでしょ??

そんなことはありません。

有給休暇とは、『有休』『年休』とか呼ばれていたりしますが年次有給休暇が正式名称です。

『労働基準法39条』に定められておりそこにはこう書かれています。

・対象となる労働者は雇入の日から6ヶ月間継続勤務し、その間の全労働日の8割以上出勤していること

有休とは、正社員、パートなどの雇用形態に関わらず付与されるものであり派遣社員でも同様なのです。

・派遣社員の契約って半年事が多いので初めて派遣看護師をやられた方は注意が必要です。

『初めて派遣会社を使い派遣ナースになったぞー!これからがんばるぞ』

そして、半年後

『無事に仕事をやり遂げた!半年間楽しかったな。しっかり働いたし少しお休みして旅行でも行こうかな!』

こんな時にそのまま次の仕事をせずにそのまま長期休みに入ってしまうと折角取得しているもしくは、取得直前の有給休暇を無駄にしてしまう可能性があります。

例えば、

2020/04/01からの契約で派遣を始めた場合、半年後の2020/10/01に有休が発生します。

半年の契約での派遣の場合、キリのいいところで2020/09/30で終了になることが多いのです。

すると、継続勤務6ヶ月にあと1日足らず、有給休暇が発生しないと言うことになってしまうのです。

こんな悲しいことないですよね。派遣の高時給での有休消化は派遣看護師の魅力の一つです。

こんな事態を避けるために私が実践していたことは

月中から業務開始にしてもらう

これにつきます。

例に挙げて説明しますと

2020/03/20から契約開始にしてもらうとすると、3月の勤務は10日ほどありますが公休が大体3分の1程度ありますので公休が10日の職場であれば3日ほどの公休がもらえることが多いです。

そして半年後の2020/09/20に有給休暇が10日付与されます。

契約上は9月20日で満半年を迎えますが大体どこも月末じめのシフトを採用して居ると思います。

その為、20日では終了とならずキリのいい月末まで、となる事がほとんどです。

私自身、派遣、応援と6箇所ほど勤務していますが月中で放り出されたことは一度もありません。

ご自身の雇用契約開始日、そして有休の発生日をしっかりと確認をして無駄にすることのないようにしたいですね。

有給休暇の確認方法

有給休暇が発生しても会社から通知があったりタイムリーにお知らせが来るわけではありません。

半年勤務していても自身で確認をしないと何日分残っているかはわかりません。

私が今現在利用している派遣会社はスーパーナースになります。そこでは給料明細に有休休暇の残日数が表記されますがそちらも付与された月の翌月の明細書に記載されるため、取得からのタイムラグがあるため注意が必要です。

どちらの派遣会社を利用していたとしても有給休暇は発生しますので半年以上勤務される方は注意が必要です。

派遣の有給休暇っていつ無くなるの?

無事に半年と少しの勤務で派遣会社より有給休暇が付与されました。使い切れずにちょっと残ってしまった!この残った分はいつまで取って置けるのか?

私自身も知らなかったので派遣会社に確認をした所、

『勤務終了されてから丸々一月、勤務実績がないと消失する』と解答がありました。

単発のバイトでもいいから派遣会社を通して勤務実績があれば有休の残数は残せるとのことでした。

他の派遣会社でも同様かは未確認ではありますが勤務終了後に長期の休みなどに入られる方はしっかりと会社に確認して無駄のない有給休暇としたいですね。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました